健康 口コミ

女性特有の健康に関する悩み

健康を考えたときに、特に女性特有の体の悩みというものがあります。
たとえば冷え性です。
これは多くの女性が悩んでいることでもありますが、筋肉の量が男性と比較して少ないことも原因の一つです。
血流が悪くなってしまい、むくみやすく、老廃物などもながれにくくなってしまい、冷え症になってしまうのです。
夏場でも、指先や足先など末端が冷えてしまうという症状をお持ちの方は多いです。
できれば健康を意識して、適度な運動をしてみることから始めてみましょう。
過度な運動でなくてもよいので、血流をよくすることを意識して、できることからです。
また、体を温める食べ物や飲み物を飲んだり、朝は白湯からスタートというのもおすすめです。

健康 口コミ

夜勤が多い女性の健康被害

夜勤が多い女性は、さまざまな健康被害のリスクがあります。
まず、夜勤勤務は、女性ホルモンに影響を与え、がんのリスクを高めてしまいます。体内時計を狂わせてしまうので、慢性疲労や、睡眠不足などの健康被害を引き起こすことになります。
夜勤で働いている女性の場合、乳がんに発症するリスクが高くなります。原因として、ビタミンDが不足すること、次に、体内時計のリズムが逆転することにより、夜暗くなることによって出るメラトニンが夜間電気の光を浴びることでメラトニンの抑制をしてしまいます。
ほかにも、昼夜逆転の生活をすると、本来朝起きて夜寝るという生理的リズムが狂うため、自律神経に乱れが生じることによりうつ病になってしまう可能性もあります。

健康 口コミ

更年期対策のサプリ選びのポイント

更年期障害は女性の場合、卵巣機能が衰えることにより女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が低下することで徐々に症状が現れてきます。
女性の更年期はおよそ40代半ばくらいと言われています。
当然ですが、更年期が始まる年齢には個人差があります。
一般的に閉経する年齢で最も多いのが50歳と言われていますので、およそこの年齢の前後5年の45歳から55歳に更年期障害が顕著になります。
対策は病院でも可能ですが、日常生活の対策も可能です。
特に、女性ホルモンのエストロゲンと似ている大豆イソフラボンが更年期障害に良いと言われています。
また、日常的に食事から大豆イソフラボンを摂るのは難しいため、サプリメントで摂ると便利です(更年期サプリメントなら >>ココから)。
大豆イソフラボンはアンチエイジングの効果もあるため、更年期障害以外にも効果的です。

健康 口コミ

更年期障害の自己チェック!家庭での対策法

更年期障害のチェックは新しく何かをするということでなく、症状で自己チェックすることができるので家庭でも簡単に確認することができます。
更年期障害の症状でよくいわれているものに、肩こりに疲れやすい、イライラやめまいがするなどがあります。ですが、そういった辛さを伴う症状がなくても更年期障害になっている場合があり、それは顔や身体がほてったり、あせをかきやくなったり、さらには息切れに動悸といったものがあります。ですが、やはり何か違う病気の場合もあるので医療機関で診てもらい更年期障害であると確定したほうが安心です。家庭での対策方法は、ストレスをためないことやバランスの良い食事を心がけることなどがあります。特に食事では亜鉛やビタミンEは効果が期待できるので摂取するように心がけことが望まれます。

健康 口コミ

健康成分オルニチンで疲労回復

オルニチンはアミノ酸の一種で、肝臓の機能をサポートし、疲労回復の役割がある健康成分です。睡眠不足やストレス、不規則な生活、お酒を飲む機会が多いなどが原因で肝臓に負担がかかると、疲労感、朝の目覚めが悪いなどの症状が出てきます。肝臓は、沈黙の臓器と言われているので、何か異常があっても自覚症状がないので、普段から肝臓に負荷をかけない生活を心掛けることが大切です。オルニチンはシジミやチーズにたくさん入っていますが、毎日の食事で取り入れるのは難しいのでサプリメントを摂取すると効果的です。さらに、新陳代謝を高める効果もあるので、疲労回復だけではなく美肌にも効果的です。そしてコレステロール値を下げるので生活習慣病の予防にもつながります。

健康 口コミ

健康成分コエンザイムQ10で老化予防

コエンザイムQ10は老化予防のために欠かせない健康成分です。
老化とは体が酸化することです。そもそも、体の酸化とは活性酸素が溜まって細胞を破壊してしまうことで、それを防ぐのが老化予防です。そして、コエンザイムQ10には、活性酸素による細胞の酸化を防ぐ働きがあり、人間が生きていくうえで欠かせない健康成分なのです。しかし、残念なことに、体内で合成されるものは、20歳頃をピークとして、どんどん減少し続けていきます。そして、40歳頃にはむしろ不足してしまいます。そのため私たちは、その頃から老いを感じ始めるのです。それを予防するためには、足りない分を補わなくてはなりません。私たちはコエンザイムQ10を、老化予防のためにも、積極的に摂取するように心掛けなければならないのです。

健康 口コミ

美容には不可欠ないイソフラボン

イソフラボンは、主に大豆食品に多く含まれる成分であり、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをします。
美容にとって不可欠の栄養素とされるため、様々な分野で注目が集まっています。身近な食材に多く含まれていることで、日本人にとっては特に摂取しやすく、続けやすいメリットがあります。毎日のように飲んでいる牛乳を豆乳に変えるだけで、イソフラボンの摂取量が大幅に増えて、美容を促進することができます。大豆食品にはトリプトファンをはじめとして、優秀なアミノ酸の宝庫でもあるため、イソフラボンと同時に摂取するのは素晴らしいことです。大豆を日常食として利用してきた日本人は、無意識のうちに摂取したきた栄養素ですから、今後も大事にしていきたいものです。

健康 口コミ

美容に必要な栄養素、ビタミンについて

肌の美しい人に憧れる人は多いです。
人の肌質は生まれつきのものや遺伝的な要素で決まることもあります。
肌荒れしやすい人もいれば、肌質が強い人もいるものです。
しかし、どんなに肌が綺麗な人でも栄養バランスの悪い食事を摂取していると肌荒れします。
美容に必要な栄養素と言えば、ビタミンです。
ビタミンは野菜や果物に多く含まれている成分となります。
毎日摂取することで、皮膚を再生したり肌の健康を守る役目があります。
しかし、必要な分を補給したら体に吸収されてしまうものです。
毎日必要な量を摂取しましょう。
栄養分が足りていないと、ニキビやシミの原因になります。
飲み会などが続いて、栄養分が足りないと感じる時にはサプリメントで補うことが大事です。